カメラ初心者の撮影記録

雪頭ヶ岳(せっとうがたけ)登山! 富士山と山頂から見る富士五湖・西湖(さいこ)の絶景

2020/08/19
 
雪頭ヶ岳、山頂の絶景写真

今回は、富士山の展望が美しいスポット・西湖の目の前にある山「雪頭ヶ岳」に登山しました。

 

This time, I climbed Mt. “Yukitogadake” in front of Saiko, a spot with a beautiful view of Mt. Fuji.
 
 

– 目次 –

 

富士山と西湖の絶景撮影スポット、雪頭ヶ岳 登山

雪頭ヶ岳の登山風景と、富士五湖「西湖」のことを少しご紹介致します!

 

I would like to introduce a little about the mountain climbing scenery of Mt.
 
 

富士五湖・西湖って どんな湖?

西湖は、山梨県南都留郡富士河口湖町にある湖で、富士五湖の一つです。「富士山域」の一部として世界文化遺産の構成要素に含まれています。

 

面積=2.1k㎡、周囲=9.6km、湖面の標高=902mで、最大水深は 73.2mと深く、冬季も結氷しない湖です。

西湖の南側には青木ヶ原樹海が広がり、キャンプ場等が点在しますが、富士五湖の中では最も観光化が進んでいません。

 

What kind of lake are Fuji Five Lakes and Saiko?

Saiko is a lake in Fujikawaguchiko Town, Minamitsuru District, Yamanashi Prefecture, and is one of the Fuji Five Lakes. It is included as a component of the World Cultural Heritage as part of the “Mount Fuji area”.

 

The area is 2.1km2, the circumference is 9.6km, the altitude of the lake is 902m, and the maximum depth is 73.2m.

Aokigahara Jukai spreads out on the south side of the West Lake and is dotted with campgrounds, etc., but this is not the most touristized area in Fuji Five Lakes.

 

 

スポンサーリンク

 

西湖の歴史

昔、富士山北麓には「せの海」という広大な湖があり、その西部に溶岩流が流れ込んで埋め残された東端が現在の西湖です。

 

西湖、本栖湖、精進湖は、現在でも雨水による増水時に、それぞれの湖で水位が一定して推移するため、3つの湖は地下でつながっていると考えられています。

(ひとこと:地下で繋がっているなんで面白いですよね!)

 

 

West Lake History

Once upon a time, there was a vast lake called “Sea of Sea” at the northern foot of Mt. Fuji, and the west end of the lake is the west end of the lake, where the lava flow flows.

 

It is considered that the three lakes are connected underground because the water levels of West Lake, Motosu Lake, and Shoji Lake are still constant when the water level increases due to rainwater.

(A word: It’s interesting because it’s connected underground!)

 

 

登山道の風景

駐車場は?

西湖根場浜駐車場を利用しました。アスファルトで舗装されている30台近く駐車可能な無料駐車場です。

 

雪頭ヶ岳 登山道の写真

雪頭ヶ岳の登山道入り口付近の画像

最初は、平坦な山道を歩いて行きます。

訪れたのは、2020年の1月中旬でしたが、暖冬の影響で、山頂手前の一部以外は雪が全くありませんでした。

 

雪頭ヶ岳の看板の写真

登山道には、看板が多く分岐点などもありませんでした。樹林帯の中ををひたすらジグザク歩いて行きます。

登山道か沢が一瞬わからなくなりそうな箇所には、目印のテープ(ピンク・赤・シルバー)を巻いてくれていました!

 

雪頭ヶ岳の登山道、険しい

登山道は、1/3を過ぎると、ひたすら急な坂道です。ほとんど平坦な道がありませんでした。

途中、南アルプスと 木の間から富士山が見えましたが、展望ポイントもないので、ひたすら黙々と登って行きます。

 

山頂手前の日陰が一部アイスバーンになっていたので、ゆっくり慎重に歩きました。

すれ違う登山者さん達も、アイゼンを履いていませんでしたが、チェーンスパイクがあった方が安心かも知れません。

 

他に気になった点は、特に危険では ありませんでしたが、3m位のロープ場が1箇所あったのと、訪れた日だけかも知れませんが、山頂付近が足元がドロドロで滑りやすかったです。登山道の両サイドの木も、顔の高さくらいまで曲がっているので避けながら歩きました。

雪頭ヶ岳の山頂の看板

上の写真が、雪頭ヶ岳の山頂にある看板です。 

(※ 穴場の山のようなので、午前11時くらいに出発しましたが、すれ違った人は少なく5組7名でした!)

 

雪頭ヶ岳山頂から見た風景

頭ヶ岳登山、富士山と西湖を一眼レフで撮影

上の写真が、雪頭ヶ岳の山頂から撮影した富士山と西湖の風景です。

 

「ドーン」と目の前に見える富士山、迫力があってかっこ良かったです。西湖も上から見る事がなかったので感動しました。

 

下に見える民家の高さから登ってきたので、大変でしたが良い思い出になりました。

 

 

The above picture is the scenery of Mt. Fuji and Saiko taken from the summit of Mt.

 

Mt. Fuji seen in front of me as “Dawn” was powerful and cool. I was impressed because I didn’t see the West Lake from above.

 

I climbed from the height of the private house seen below, so it was difficult, but it was a good memory.

 
 

 

 

面白い雲

雪頭ヶ岳山頂の風景

ちょうど、富士山の左にバランス良く、面白い雲がかかっていました。最初の写真では、画角に入りきらなかったのでもう一枚!

 

雲は、左の河口湖の方まで続いていて、風がなかったので、ずっと固定されていて綺麗でした。

雪頭ヶ岳、素敵な風景の山でした!

 

 

There was an interesting cloud on the left of Mt. Fuji in good balance. In the first photo, I couldn’t fit in the angle of view, so another photo!

 

The cloud continued to Lake Kawaguchi on the left and there was no wind, so it was fixed and beautiful.

It was a beautiful landscape of Mt. Yutogatake!

 

 

 

まとめ

今回、雪頭ヶ岳に登山しましたが、素晴らしい風景に感動しました。

 

今年は暖冬で雪が少ないですが、天候によっては登山道に雪が残る場合もあるので、もう少し暖かい時期の方が、安心して登山を楽しめるかも知れません。

また撮影しに行きたくなるような素敵な山でした。

 

ここまで見てくださって ありがとうございました!

 

雪頭ヶ岳の撮影 -詳細情報-

  • 【所在地】:〒401-0332 山梨県笛吹市西湖 (雪頭ヶ岳山頂は、鬼ヶ岳山頂の近くにあります。※雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳 徒歩 約10分)
  • 【山頂標高】:1,710 m
  • 【累積標高差】:780 m
  • 【標準タイム】:登り3時間00分 / 下り2時間00分
  •  【自己タイム】:登り3時間30分 / 下り2時間00分 (早い人だと登りは2時間位のようです。)
  • 【撮影日】:2020年1月(晴れ)
  • 【使用カメラ】:SONY a7ⅲ (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.