カメラ初心者の撮影記録

【北海道の絶景】美瑛の青い池は、なぜ青く見えるの?

2020/08/19
 
北海道の青池の風景写真

– 目次 –

北海道美瑛の青い池って、どんな池?

「青い池」は美瑛町の東南部、美瑛川左岸の標高約500メートルに位置している池です。「青い池は1988年(昭和63年)12月に噴火した十勝岳の堆積物による火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まって作られた人工池です。季節によっては、ライトアップも行われています。

 

What kind of lake is the blue pond in Biei, Hokkaido?

“Blue Pond” is a pond located on the left bank of the Biei River at an altitude of about 500 meters in the southeastern part of Biei Town. “Blue Pond is an artificial pond made by accumulating water in one of the dams constructed in the main stream of the Biei River to prevent the volcanic mudflow disaster caused by the deposit of Tokachidake that erupted in December 1988. It is also lit up depending on the season.

 
 

北海道青い池の風景写真

水面が青く見える不思議な池。立ち枯れたカラマツが幻想的な雰囲気を醸し出しています。

 

A mysterious pond where the water surface looks blue. The dead larch creates a fantastic atmosphere.
 
 
スポンサーリンク

青い池は、どうして青いの?

「青い池」は、なぜ青いのか不思議ですよね・・・調べてみました!

青い池が青く見える理由は、源流の「白ひげの滝」などから、アルミニウムを含んだ水が流れでていて、この水が美瑛川の水と混ざると、太陽の光をまんべんなく散乱させるコロイド状という粒子が生成されます。
水そのものに色はなく、波長の短い青い光が散乱されやすいため青く見えるようです。さらに、滝の横から流れている白金温泉水が、光の散乱を助ける硫黄・石灰成分などが、川底の石や岩をを白くするので、水の青さをいっそう引き立てています。

 

Why is the blue pond blue?

I wonder why “Blue Pond” is so blue … I looked it up!

The reason why the blue pond looks blue is that water containing aluminum flows from the headwaters such as “Whitebeard Falls”, and when this water mixes with the water of the Biei River, it colloidally scatters the sunlight evenly. Particle is generated.
The water itself has no color, and blue light with a short wavelength tends to be scattered, so it seems to be blue. In addition, the platinum hot spring water flowing from the side of the waterfall makes sulfur and lime components that help scatter light whiten stones and rocks on the river bottom, further enhancing the blueness of the water.

 
 

北海道の青い池の風景

なので、雪解け水が多い季節や、雨水や土砂が流れ込むような雨天の時は水中の成分が薄まってしまうため、綺麗なブルーには見えないこともあるようです。また、真冬も水面がほとんど凍ってしまい、綺麗な青い池を見ることはできなくなってしまいます。

 

Therefore, in the season when there is a lot of snowmelt, or in rainy weather when rainwater and earth and sand flow into the water, the components in the water will diminish, so it may not look beautiful blue. Also, even in the middle of winter, the surface of the water will be almost frozen and you will not be able to see the beautiful blue pond.
 

 

青い池を見るベストシーズンは いつ?

青い池が一番美しく見える時期は5月から6月と言われています。季節によって別の美しさを楽しめますが、特に青さが美しいのは初夏の時期です。風が出てしまうと、池の水が波を打ってしまうため、その青さがわかりにくい場合があります。

 

When is the best season to see the blue pond?

It is said that the best time to see the blue pond is from May to June. You can enjoy different beauty depending on the season, but the blue is especially beautiful in early summer. When the wind blows, the water in the pond swells, which can make it difficult to see its blue color.

 
 

※ 掲載している写真は、2019年の7月に撮影した青い池の風景です。ベストシーズンの青い池を、まだ見たことがないので比較できませんが、7月の曇天でも、感動するくらい綺麗な青い色の池でした。(ベストシーズンの晴天だと、どのくらい綺麗なのか気になります!)

気温は7月でも少し肌寒いくらいで、新緑が美しく、青い池の周りには花なども咲いていました。お花の名前は分かりませんでしたが、美しく癒される光景でした。

(早朝でも沢山の方が観光に来ていて、日中は混雑する人気スポットのようですが、売店などはありませんでした。特に歩きにくい箇所はありませんでしたが、池の周辺の道は土なので、できれば歩きやすい靴がオススメです。)

 

 

  • 【撮影地】:北海道上川郡美瑛町白金  
  • 【入場料】:無料
  • 【駐車場】:有(無料)
  • 【撮影日】:2019年7月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)

 

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2019 All Rights Reserved.