カメラ初心者の撮影記録

【岐阜県・五宝滝】落差80m! 赤い橋とのコントラストがも美しい五宝の滝

2020/08/19
 
五宝滝の撮影ポイント

今回は、岐阜県にある赤い橋が特徴的な五宝滝の風景をご紹介致します。

– 目次 –

 

五宝滝 (ごぼうだき)って?

<Goho Falls>

五宝滝は、岐阜県にある八百津町の北部に位置するです。
見どころは、一の滝と二の滝、三の滝が三段に連なる様子で、5つの滝を中心に公園が整備されています。

 

三段の滝の「一の滝」の落差は44メートル、「二の滝」「三の滝」の落差の合計は80メートルです。3つの滝が連なる様子はまさに名瀑で、絹糸のような流れと水煙はとても優雅な光景です。

 

三段滝の見られる東屋までは、公園駐車場から歩いて約10分で、滝の正面に架かっている、赤い太鼓橋も素敵なアクセントとなっています。

初夏の新緑や、色あざやかな紅葉の季節も、四季折々の自然の風景が訪れる人の心を癒してくれます。
 

※ 散策コースは、一周約40分の「滝めぐりゾーン」と、一周約60分の「散策ゾーン」の2つのコースが準備されています。

 

五宝滝の絶景ポイントまでの風景

五宝滝の看板

駐車場にある看板です。駐車場は、アスファルトで舗装されていました。

 

五宝滝駐車場の地図

駐車場にあった案内板です。詳しく調べてみたら、滝以外にも見どころが沢山ありそうです!

 

五宝滝の連理木

滝までの歩道にあった連理木です。わりと細めの木でした。しめ縄が巻かれていたので神聖な雰囲気でした!

 

五宝滝の入口の立札

歩道の分岐にあった立て札です。滝までの道で特に迷いそうな箇所はありませんでした。

 

五宝滝の滝までの道

右側には小川が流れています。涼しげな木陰の道を進んで行きます。

 

新緑の五宝滝の道

新緑の美しい風景でした。目に優しい風景で歩いているだけで癒されます。

 

五宝滝の絶景写真撮影(一眼レフ)

少し階段を登ると、メインの滝が見えてきました。予想より高さのある滝でした!

 

五宝滝の階段と滝の風景

上の写真は、滝の展望ポイントの東屋から撮影しました。赤い橋新緑のコントラストが綺麗です。

階段は、舗装されていて歩きやすい歩道でした。

 

五宝滝の東屋

一つ前の写真に写っていた赤い橋の上にも行ってみました。

写真に写っている屋根は、先ほど滝の撮影していた東屋です。

 

五宝滝の橋の上からの風景

橋の上から見た真下の風景です。

高いので、ちょっと怖かったですが爽やかで素敵な所でした!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、五宝滝の風景をご紹介させて頂きました。

駐車場から森林浴しながら 徒歩10分くらいで、到着できるのも魅力的でした!

 

階段は少し急な個所や、手すりがない場所がありますので、散策には歩きやすい靴がオススメです。

 

今回は、寄りませんでしたが、剣豪の宮本武蔵が修行した言い伝えられている「二天の滝」も見どころの一つのようです。

 

森林浴で癒される、爽やかで素敵なスポットでした!

ここまで見てくださってありがとうございました。

 

五宝滝の撮影・詳細情報

  • 【所在地】:〒505-0301 岐阜県加茂郡八百津町八百津
  • 【使用カメラ】:SONY a7ⅲ (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870
  • 【カメラの設定】:1/3秒 F20 iso100 (NDフィルターなし)
  • 【三脚】:有

 

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.