カメラ初心者の撮影記録

【北アルプス・白馬三山】朝の八方池と八方尾根の風景撮影

2020/08/19
 
八方池の夜明けの絶景

今回は、白馬三山の展望も美しい八方池・八方尾根のトレッキング風景をご紹介致します。

– 目次 –

 

朝の「八方池・八方尾根」の風景

今回は、夜明けの八方池を撮影したかったので、深夜から登山を開始しました。

八方尾根の夜明けの雲海(一眼レフ撮影)

上の写真は、夜明け頃に八方尾根から撮影した風景です。

梅雨の時期で雨が多く、この日は雲海が発生していました。強風で雲が上に上がっています。

 

7月の中旬でしたが、冬用のダウンを着ていても寒いくらいの体感温度でした。

 

白馬八方池の登山

上の写真は、八方池の手前の雪渓です。夏でも雪が残っています。

 

八方池と万年雪のトレッキング

雪渓の上を滑らないように気をつけて渡ります。

 

八方池の朝の風景

上の写真が、早朝の八方池の風景です。強風のため 白馬三山が写り込みませんでしたが、爽やかな光景でした。

 

八方池から見える白馬三山

山頂には、厚い雲がかかっています。

 

八方池と不帰キレット

普段は沢山の人で賑わう八方池ですが、この時は 無人でちょっと珍しい光景でした。

 

八方三山と八方池の絶景撮影

何度来ても、素晴らしい光景に癒される八方池、最高の朝でした!

 

スポンサーリンク

 

下山

八方池と八方尾根の登山

太陽が昇ってきたので、下山開始です。八方尾根をくだって行きます。

 

八方池の雪渓

登山道の脇でも所々、雪が残っています。

 

八方尾根と雲海の風景

下には雲海が広がっていて、朝の陽ざしが眩しいです。

 

上の写真は、雪が固まっての川のようになっていました。

 

八方尾根のトレッキング風景

リフト乗り場が見えてきました。帰りは、リフトの営業時間内なので、使用して下山もできます。

素敵な雲海の絶景に癒されました。

 

 

【八方池の動画】

 

まとめ

今回は、八方池の早朝の風景をご紹介させて頂きました。

撮影に訪れた時期は、日の出が4時くらいなので、深夜の1時半から登山を開始しました。

久しぶりのナイトハイクでしたが、やっぱり夜は、涼しいので登りやすかったです!

 

車をとめた黒菱駐車場には、夜中でも20台くらいの車があって登山して行く人も見かけました。

(夜中なのに凄いです!)

 

早朝の八方池付近では、数人の登山者を見かけましたが、皆さん結構 クマ鈴を鳴らしていて、開けている場所なので熊出没のイメージが無かったんですが出るのかな?と、ちょっと気になりました!

(私は会ったらびっくりなので、他の動物にも気づいてもらえるようにクマ鈴は鳴らして歩いています。)

 

 

次は、風がなくて白馬三山が綺麗に映り込む時に、また行きたいです!

ここまで見てくださってありがとうございました。

 

八方池の撮影・詳細情報

  • 【所在地】:長野県北安曇郡白馬村北城
  • 【標高】:2,060m(八方池)
  • 【お問い合わせ先】:0261-72-3066 (八方尾根観光協会)
  • 【撮影日】:2020年7月(晴れ)
  • 【使用カメラ】:SONY a73 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:SONY FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870

 

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.