カメラ初心者の撮影記録

【山梨県・富士山】山中湖花の都公園の百日草と赤富士! ひまわりの絶景 (アクセス・住所)

 
山中湖花の都公園の赤富士と花の撮影

今回は、富士山が綺麗な 山中湖花の都公園の風景をご紹介致します。

– 目次 –

 

山中湖花の都公園って?

<Dream suspension bridge>

 

山中湖 花の都公園は、四季折々のお花を富士山と共に観賞できる絶景スポットです。標高1000mの高原の為、真夏でも夜間は涼しいくらいの気温です。

 

赤富士って?
赤富士(あかふじ)とは、主に夏の終わりから秋の初旬にかけて、朝陽で富士山が赤く染まる現象の事をを言います。

 

百日草(ジニア)って?
百日草は、暑い時期も咲き続ける一年草です。百日草(ヒャクニチソウ)と呼ばれているのは、百日という長い期間咲き続けるという意味ですが、実際は、5月~11月と百日以上の長い期間開花します。

 

 

山中湖花の都の風景

赤富士と百日草の風景をご紹介します。

山中湖花の都公園の富士山と百日草

夜明け直前の風景です。真夏でも、涼しい朝でした。

 

山中湖花の都公園の夜明けと富士山

だんだん夜が明けてきました。

 

山中湖花の都公園の絶景撮影(一眼レフ)

富士山の上の部分が赤く染まり始めました。百日草も朝陽で鮮やかに見えて綺麗です。

 

山中湖花の都公園の赤富士と花の撮影

富士山 全体が赤く染まりました。一瞬の素晴らしい風景でした。

 

山中湖花の都公園の百日草

自然って素敵ですよね。赤富士が見れると思っていなかったので、感謝いっぱいでした。ありがとうございました!

 

ひまわり畑も

山中湖花の都公園のヒマワリ

撮影に訪れた時期は、百日草の他にヒマワリも元気で綺麗に咲いてくれていました。

山中湖花の都公園とひまわり

ビタミンカラーは見ていると元気が貰えますよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、山中湖花の都公園の風景をご紹介させて頂きました。

綺麗な百日草赤く染まっていく富士山に感動しました。

ヒマワリも夏らしくて とっても素敵でした。

 

赤富士は、夏の終わりくらいに多く見られるようなので、秋ももうすぐですね

何度も通いたくなるような 素晴らしい風景でした。

ここまで見てくださってありがとうございました。

 

 

花の都公園のポピーと富士山の絶景

【上の写真は、初夏の花の都公園の「ポピー」】

 

 

山中湖花の都公園の撮影・詳細情報

  • 【所在地】:〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中165
  • 【TEL】0555-62-5587
  • 【アクセス】:富士急行線「富士山駅」からバスで30分(周遊バスふじっ湖号)/ JR御殿場線「御殿場駅」からバスで50分 / 東富士五湖道路「山中湖IC」から車で5分 【駐車場】 220台(1台300円、バス1台1000円)
  •  【営業時間】8:30~17:30(4/16~10/15), 9:00~16:30(10/16~4/15)
  •  【入園料】大人1名 300円~500円(掲載写真は、無料エリアで撮影)
  •  【休業日】12/1~3/15 の毎週火曜日(年末年始は除く)
  • 【撮影日】:2020年8月
  • 【お問い合わせ】:0555-62-5587  
  • 【使用カメラ】:SONY a7ⅲ (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN
  • 【三脚】:有

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.