カメラ初心者の撮影記録

【徳島県・吊橋の絶景】かなり怖い!? スリル満点の祖谷のかずら橋の風景(アクセス・駐車場・料金)

2020/08/19
 
徳島の絶景、かずら橋

今回は、徳島県にある吊り橋「かずら橋」の風景をご紹介致します。

– 目次 –

 

かずら橋って?

<Kazura Bridge>

 

かずら橋は、秘境“祖谷”にある吊り橋です。重さ約6トンのシラクチカズラと呼ばれる つる植物 で作られていて、長さ45m・幅2m・水面上14mの高さにあります。

昔は、深山渓谷地帯の唯一の交通施設でした。
国指定重要有形民俗文化財に指定されていて、3年毎に架替えが行われています。

※ かずら橋は一方通行で、入場料金 大人550円、小学生は350円で通行できます。

 

 

Kazurabashi is a suspension bridge in the unexplored “Iya”. It is made of a vine called syrachnid vine which weighs about 6 tons and is 45 m long, 2 m wide and 14 m above the surface.

It used to be the only transportation facility in the deep mountain valley.
It is designated as a nationally designated important tangible folk cultural property and is rebuilt every three years.

*Kazurabashi is a one-way street with an admission fee of 550 yen for adults and elementary school students for 350 yen.

 

かずら橋は、どうしてできたの?

かずら橋の由来には諸説あり「追っ手から逃れる平家の落人が、いつでも切り落とせるように橋をシラクチカズラで作った」「巡行した弘法大師が祖谷の村人のために作った」などの説が、残されています。

スポンサーリンク

かずら橋の風景

かずら橋の入口の風景写真

かずら橋の渡り口の入口から、橋までは歩いてすぐです。自然いっぱいの風景の中 進んで行きます。

 

かずら橋と観光客

料金を支払った後に、吊橋スタート! 6トンのつるが使われているなんてびっくりです。

 

かずら橋の撮影(一眼レフカメラ)

かずら橋は、歩く度にユラユラ揺れてスリルがありました。

 

かずら橋から見る川の風景

足元の隙間からは、川が見えます。水の色が綺麗です。

 

かずら橋の足元の風景

川の音に癒されながら、橋の中間で少しだけ撮影していました。

 

かずら橋と川の風景

紅葉の時期も綺麗そうな場所です。

 

徳島県のかずら橋の撮影     

渡り切った後、橋をよく見てみると かなり丈夫そうでした。

一度にたくさんの人が渡っている写真を見た事があるので、かずら橋を作った方 凄いです!

なかなか見られない光景に感動しました。ありがとうございます。

 

かずら橋の絶景

遠目に見る綺麗な川とかずら橋絵になる素敵な風景でした。

 

 

おまけ

かずら橋から一番近い 駐車場に、かわいい猫がいました。適度に人懐っこくて癒されました^^(駐車場は、いくつかあり ここの駐車料金は 400円でした。)

かずら橋の駐車場の猫

 

 

まとめ

今回は、徳島県かずら橋の風景をご紹介させて頂きました。

 

なかなかスリルがある、かっこいい吊り橋でした。

川の色も綺麗で癒される素敵な所でした。

 

特に、夏の暑い時期は、涼しげでぴったりの場所かも知れませんね。

ここまで見てくださってありがとうございました。

 

 

祖谷のかずら橋の撮影・詳細情報

  • 【所在地】:〒778-0102徳島県三好市西祖谷山村善徳
  • 【撮影日】:2020年8月
  • 【料金】:大人550円、小学生は350円
  • 【駐車場】:有料
  • 【使用カメラ】:SONY a7ⅲ (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870

 

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.