カメラ初心者の撮影記録

【日本三名瀑】落差日本一!「那智の滝」ってどんな滝?アクセス方法や住所は?

2020/04/21
 
初夏の那智の滝と三重の塔の絶景撮影

今回は、和歌山県にある那智の滝をご紹介致します。

– 目次 –

 

那智の滝 (なちのたき)って?

<Nachi Falls>

那智の滝は、日本三大名滝の一つで、落差 133m、銚子口の幅 13m、滝壺の深さ 10mの滝です。

(日本三名瀑・・・華厳の滝(けごんのたき)、袋田の滝(ふくろだのたき)、那智の滝)

 

落差は日本一で、流下する水量は 通常毎秒1トンともいわれています。

 

「那智の滝」は、瀧篭修行の行場として扱われた48の滝の総称です。一般的に一の滝を「那智の滝」と呼びます。

 

また、那智の滝は、熊野三山(くまのさんざん)の一つ、熊野那智大社のご神体です。
(熊野三山・・・熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)、熊野那智大社、熊野本宮大社。)

 

滝の向かって右手には、国の天然記念物に指定されている「那智原始林」と呼ばれる原生林が広がっています。

 

滝の落ち口の岩盤には、3つの切れ目があって、滝が3本になって流れ落ちることから那智の滝は「三筋の滝」とも呼ばれています。

落ち口に張られている注連縄(しめなわ)は、毎年2回 神職の手によって張り替えられています。

 

Nachi-no-taki is one of Japan’s three most famous waterfalls, with a head of 133m, a width of 13m at the Choshiguchi and a depth of 10m.

(Three famous waterfalls in Japan … Kegon Falls, Fukuroda Falls, Nachi Falls)

 

The head is the highest in Japan, and it is said that the amount of water flowing down is usually 1 ton per second.

 

“Nachi-no-taki” is a general term for the 48 waterfalls that were treated as a training ground for Taki-Gago. One waterfall is generally called “Nachi no Taki”.

 

Nachi-no-taki is a sacred body of Kumano Nachi Taisha Shrine, one of Kumano Sanzan.
(Kumano Sanzan … Kumano Hayatatama Shrine, Kumano Nachi Taisha, Kumano Hongu Taisha)

 

To the right of the waterfall is a primeval forest called “Nachi Primitive Forest” which is designated as a national natural monument.

 

Nachi-no-taki is also called “Misuji-no-taki” because there are three cuts in the bedrock at the outlet of the waterfall, and there are three waterfalls that run down.

The shimenawa lined up in the outlet is reattached twice each year by a priest.

 

 

 

撮影ポイント「三重の塔(青岸渡寺)」風景

下の写真は、那智の滝と三重の塔が同時に見られるポイントから撮影しました。

朱色の三重の塔が色鮮やかで美しい風景でした。

 

The photo below was taken from the point where you can see Nachi Falls and the Mie Tower at the same time.

The vermilion triple tower was a colorful and beautiful scenery.

 
 

那智の滝と三重の塔

距離が離れているので 小さく見えますが、滝の上に張られている注連縄も神秘的な雰囲気でした。

 

The distance is so large that it looks small, but the ropes stretched over the waterfall were also a mysterious atmosphere.
 

 

那智の滝、三重の塔と桜

訪れた時期は、桜も咲いていて日本の春らしい素敵な風景でした。

 

When I visited, the cherry blossoms were in full bloom and it was a wonderful scenery like spring in Japan.
 

 

熊野三山、那智大社、那智勝浦の風景

時間の関係で、帰りは那智大社の前を急いで通過。鮮やかな朱色で立派な鳥居でした。

 

 

まとめ

今回は、那智の滝をご紹介させて頂きました。

神秘的で美しい風景に感動しました。

 

また、機会があったら訪れたいです!

ここまで見てくださってありがとうございました。

那智の滝周辺の案内看板

 

那智の滝の撮影・詳細情報

  • 【住所】:〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
  • 【撮影日】:2020年3月
  • 【使用カメラ】:SONY a7ⅲ (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870
  • 【那智の滝の参入料】:大人:300円・小中学生:200円 未就学児:無料   団体:30人より 一人 280円 (※ 滝に行く場合の料金です。三重の塔の入場料は 300円、塔の外までは無料。)

 

 

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.