カメラ初心者の撮影記録

【長野県の撮影スポット】白糸の滝・蓼科大滝・赤そばの里・妻籠宿・高原教会・御岳山展望台・自然湖

2020/04/20
 
妻籠宿のカメラ撮影の風景

長野の絶景・撮影スポットのご紹介

– 目次 –

 

白糸の滝

<Shiraito Falls>

白糸の滝は、高さ3m、幅70m。豊かな自然と涼しさから避暑地や別荘地として知られている軽井沢町にある人気の観光地の一つです。軽井沢町は、浅間山の東麓にあり、標高1000メートルに位置していて、周囲よりもひんやりとした空気が流れています。

白糸の滝の源流は地下や岩肌から湧き出る豊富な量の湧水を利用でして作られた人工の滝で、 一般的な滝は、雨が降ると濁ったりしていましますが、白糸の滝は雨の影響を受けることなく、常に高い透明度を保っています。

 

Shiraito Falls is 3m high and 70m wide. It is one of the popular tourist destinations in Karuizawa, which is known as a summer resort and villa area due to its rich nature and coolness. Karuizawa Town is located at the eastern foot of Mt. Asama, is located at an altitude of 1000 meters, and the air is cooler than the surroundings.

The source of Shiraito Falls is an artificial waterfall created by using the abundant amount of spring water that springs from underground and rocks. Generally, waterfalls become muddy when it rains, but Shiraito The waterfall is not affected by rain and always maintains high transparency.

 
 

滝壺へ流れ落ちる水が、白い糸のように見えることから「白糸の滝」と名前が付けられました。特に紅葉のシーズンが人気で、時期によってはライトアップも行われています。

軽井沢 白糸の滝の風景写真
上の写真が、白糸の滝の風景です。7月の訪れましたが、気温は12度くらいで少し寒いくらいでした。雨が振っていましたが、水が透明なままでとても綺麗でした。たくさんの観光客で賑わっていていました。駐車場から、滝までは約150m緩やかな坂道を上るので歩きやすい靴がオススメです。

 

The above picture is the scenery of Shiraito Falls. We visited in July, but the temperature was around 12 degrees Celsius and it was a little cold. It was raining, but the water was clear and very beautiful. It was crowded with many tourists. From the parking lot to the waterfall, it is about 150m up a gentle slope, so shoes that are easy to walk are recommended.
 
 
 

白糸の滝の風景写真

上の写真は、白糸の滝までの歩道の風景です。水の流れが美しい風景でした。

 

The above picture is the scenery of the sidewalk to Shiraito Falls. The flow of water was a beautiful scenery.
 
 
 

白糸の滝へのアクセス

延長10kmの観光有料道路、白糸ハイランドウェイは軽井沢方面と草津温泉方面両方からアクセス可能です。
※白糸の滝は無料で観賞できますが、自家用車の場合「白糸ハイランドウェイ」の通行料金がかかります。
(電車の場合は、軽井沢駅から草軽交通バスで「北軽井沢」方面行き約23分、白糸の滝で下車、徒歩約5分です。)

  • 【撮影地】:長野県北佐久郡軽井沢町長倉
  • 【撮影日】:2019年7月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【使用三脚】:SLIK PRO240 MK4
  • 【カメラの設定】:1/2秒 F10 ISO 1000

 

蓼科大滝 (たてしなおおたき)

<Tateshina Falls>

蓼科大滝は、落差 約5メートル、幅10メートルの滝です。 広い滝口から豪快に落下する姿は、圧巻の風景です。

 

Tateshina Otaki is a waterfall with a head of about 5 meters and a width of 10 meters. The sight of falling from the wide Takiguchi is a sight to see.
 
 

蓼科大滝の紅葉

上の写真が、蓼科大滝です。紅葉の時期に訪れたので、鮮やかな風景が綺麗でした。手前の石の上には、誰かが並べてくれたような落ち葉が可愛らしかったです。駐車場からは、森の中を歩いて約15分くらいで到着しました。

 

The picture above is Tateshina Otaki. I visited during the time of autumn colors, so the vivid scenery was beautiful. On the stone in the foreground, the fallen leaves that someone lined up were cute. From the parking lot, I arrived in about 15 minutes walking in the forest.
 
 
 
  • 【撮影地】:長野県茅野市北山蓼科
  • 【撮影日】:2019年10月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【使用三脚】:SLIK PRO240 MK4
  • 【カメラの設定】:1/3秒 F22 ISO 100(NDフィルター無)

信州伊那高原赤そばの里(あかそばのさと)

<Aka soba Village>

見渡すかぎりの高嶺(たかね)ルビーの絨毯

「赤そばの里」は、日本でも珍しい「赤そばの花」が、一面ピンクの絨毯のように華麗に咲き誇るところです。 標高900mにあり、毎年9月下旬頃から10月上旬頃まで見頃で、多くの方が訪れる人気のスポットです。

 

Takane ruby carpet that you can see

“Akasoba no Sato” is a place where “Akasoba flowers,” which are rare in Japan, bloom magnificently like a pink carpet. It is located at an altitude of 900m, and is a popular spot that many people visit every year from late September to early October.

 
 

赤そばの花畑び風景

上の写真が、赤そばの里の風景です。一面ピンクでとても美しい光景です。駐車場から花畑までは、舗装された道を10分位歩いて行きます。広大な敷地に広がる「赤そば」の花畑、圧巻の風景でした。

 

The picture above is the scenery of Akasoba Village. It is a very beautiful scene with one side being pink. From the parking lot to the flower garden, walk about 10 minutes on the paved road. It was a magnificent view of the flower garden of “Akasoba” spread over the vast site.
 
 
 
  • 【撮影地】: 長野県上伊那郡箕輪町
  • 【撮影日】:2018年10月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【カメラの設定】:1/500秒 F6.3 ISO 400

スポンサーリンク

 

妻籠宿(つまごじゅく) 脇本陣奥谷(わきほんじんおくや)の光芒

<Tsumagojuku>

妻籠宿は、長野県南木曽町(なぎそまち)にあり、江戸時代の宿場町の古い町並みを残した観光地です。光芒撮影スポットの脇本陣奥谷は、代々脇本陣・問屋を勤めた家で、現在の建物は明治10年にそれまで禁制であった桧をふんだんに使い建てられたようです。現在は昔の生活道具など歴史を語る品々を展示した博物館施設として公開されています。

 

Tsumagojuku is located in Nagisomachi, Nagano Prefecture, and is a tourist destination that retains the old townscape of post towns during the Edo period. Wakihonjin Okutani, a spot for shooting light beams, is the house where Wakihonjin and wholesalers have been working for generations. It is now open to the public as a museum facility that displays historical items such as old life tools.
 
 
 

妻籠宿のカメラ撮影

上の写真が、囲炉裏にたかれた煙に光芒が差し込む光景です。撮影に訪れた日は、ちょうどお昼くらいに正面から陽射しが射し込む日でした。時期によって正面から陽射しの射し込む時間が変わるので、撮影の際は事前に確認される事をオススメします。カメラマンさんも大勢来ていて3列位になって撮影していました。

 

The picture above is the scene where the light beam shines into the smoke struck the hearth. The day I visited for shooting was the day when the sun was shining from the front just around noon. Depending on the season, the time of direct sunlight changes from the front, so it is recommended to check in advance when shooting. A lot of cameramen also came and were shooting in 3rd row.
 
 
 

妻籠宿び囲炉裏の光芒

上の写真は、脇本陣奥谷の方が囲炉裏に薪を足している様子です。綺麗な光芒が見れるのも現地のスタッフの方のおかげです。ありがとうございます。

 

The photo above shows Wakimotojin Okutani adding firewood to the hearth. It is thanks to the local staff that I can see the beautiful light. Thank you very much.
 
 
 

妻籠宿場のカメラ撮影横

上の写真は、光芒の横からの風景です。皆さん写真を撮っているので、気を使って誰も光芒の下にいません。幻想的でとても素敵な撮影スポットでした。

 

The above photo is the scenery from the side of the light beam. Everyone is taking photos, so no one is under the light of care. It was a fantastic and very nice shooting spot.
 
 
 
  • 【撮影地】: 長野県木曽郡南木曽町吾妻
  • 【撮影日】:2018年1月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【カメラの設定】:1/80秒 F3.5 ISO 200

 

 

軽井沢高原教会 サマーキャンドルナイト

<Plateau Church>

あふれる光につつまれる「ランタンキャンドルの森」

軽井沢高原教会は、長野県の軽井沢を代表する教会です。毎年8月と12月に開催する「キャンドルナイト」は、静かな教会の森が、光の森になるイベントです。無数のランタンの灯りが教会を照らす幻想的な光景です。

 

A forest of lantern candles surrounded by overflowing light

Karuizawa Kogen Church is a representative church of Karuizawa in Nagano Prefecture. Held every August and December, “Candle Night” is an event where a quiet church forest becomes a forest of light. It is a fantastic sight where countless lantern lights illuminate the church.

 
 
 

高原協会 キャンドルナイト

上の写真が、軽井沢高原教会・サマーキャンドルナイトの風景です。敷地内のあちこちにあるランタンの明かりが綺麗でした。観光の方も多く、楽しそうな雰囲気でとても幸せな気持ちになれる素敵なスポットでした。

 

The above picture is the scenery of Karuizawa Kogen Church and Summer Candle Night. The lights of the lanterns around the site were beautiful. There were many tourists, and it was a wonderful spot where you can feel very happy and have a happy atmosphere.
 
 
 
  • 【撮影地】:長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉星野
  • 【撮影日】:2018年8月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【使用三脚】:Fotopro DIGI-204

御岳展望台 九蔵峠(くぞうとうげ) 

<Kuzo Pass>

「九蔵峠」は、長野県木曽郡木曽町にある標高1,280mの峠です。開田高原の中央に位置していて、日本百名山・御嶽山の展望スポットとして知られています。木曽福島側から国道361号で開田高原(西方向)に向うと九蔵峠にたどり着きます。国道沿いに砂利の駐車場が設けられており、50mほど歩くと展望スペースになります。

 

“Kuzo Pass” is a pass with an altitude of 1,280 m located in Kiso Town, Kiso District, Nagano Prefecture. It is located in the center of the Kaida Highlands and is known as an observation spot for Mt. Mitake and Mt. Ontake in Japan. From Kiso-Fukushima side, take National Highway 361 toward Kaita Kogen (west direction) and you will reach Kuzo Pass. There is a gravel parking lot along the national highway, and if you walk about 50 meters, it will become an observation space.
 
 
 

開田高原,九蔵峠の絶景

上の写真が、九蔵峠からの風景です。紅葉の時期だったのでカラマツがとても綺麗でした。早朝でしたが、数人のカメラマンさんがいました。この後すぐに雲がかかってしまいましたが、御岳山も綺麗に見えていて自然いっぱいの素敵なところでした。

 

The picture above is the scenery from Kuzo Pass. The larch was very beautiful because it was the time of autumn leaves. It was early morning, but there were several photographers. Clouds were formed soon after this, but Mt. Mitake was also beautifully seen and it was a wonderful place full of nature.
 
 
 
 
  • 【撮影地】: 長野県木曽郡木曽町開田西野
  • 【撮影日】:2019年11月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【カメラの設定】:1/40秒 F9.0 ISO 100

九蔵峠のカメラ撮影

上の写真は、九蔵峠の冬の風景です。紅葉の時期とは違った冬らしい風景も素敵でした。

 

The picture above is the winter scenery of Kukura Pass. The winter-like scenery that was different from the time of autumn leaves was also wonderful.
 
 
 
  • 【撮影地】: 長野県木曽郡木曽町開田西野
  • 【撮影日】:2018年1月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【カメラの設定】:1/400秒 F9.0 ISO 250

 

自然湖(しぜんこ) 

<Natural lake>

立ち枯れの神秘 王滝村の自然湖

「自然湖」は、長野県の王滝村にあります。御嶽山の南側の御岳湖の上流に位置しています。「自然湖」は、1984年の「長野県西部地震」によって王滝川の流れがせき止められて生まれた天然湖です。自然豊かな深い森と清流、湖面の立ち枯れ木が神秘的な景観の湖です。四季を通じて写真撮影のスポットとして多くの人が訪れています。

 

The mystery of standing dryness Natural lake in Otaki village

The “natural lake” is located in Otaki Village, Nagano Prefecture. It is located upstream of Lake Mitake on the south side of Mt. Ontake. “Natural lake” is a natural lake created by damaging the flow of the Otaki River due to the 1984 Naganoken Seibu Earthquake. It is a lake with a mysterious landscape of deep forests, clear streams and dead trees on the surface of the lake. Many people visit it as a spot for photography throughout the four seasons.

 
 
 

自然湖の撮影風景

上の写真は、夜明け前の自然湖の風景です。とても寒い朝でした。立ち枯れ木の周りだけ凍っていません。

 

The picture above is the scenery of the natural lake before dawn. It was a very cold morning. Only around the dead trees are not frozen.
 
 
 

自然湖のカメラ撮影

上の写真は、夜明け頃の自然湖の風景です。朝陽が登り始めると湖面の「立ち枯れ木」に影ができはじめ、とても綺麗な光景でした。

 

The picture above is a landscape of a natural lake around dawn. When the morning sun started climbing, a shadow began to appear on the “dead tree” on the surface of the lake, which was a very beautiful sight.
 
 
 

自然湖のテントの風景撮影

湖の上にはテントをはっている方が数人いました。釣りの方でしょうか。湖の端の方は、まったく凍っていない箇所もあったので自分は怖くて氷に乗りませんでしたが、氷の上で犬の散歩をされている方もいました。はじめて見る光景に、ちょっとびっくりしましたが、テントの色もカラフルでちょっと可愛らしい風景でした。

 

There were several tents on the lake. Are you fishing? At the edge of the lake, I didn’t get on the ice because I was scared because there were some areas that weren’t frozen at all, but there were some dogs walking on the ice. I was a little surprised to see the scene for the first time, but the color of the tent was also colorful and it was a pretty scene.
 

 

※ アクセスは、御岳湖を越えたところに「王滝中学校」があるので左に曲がり、県道486号線に入り道なりに進めば自然湖に到着します。道路状況により通行止めになっていることがあるので、撮影の際は事前に確認されてからがオススメです。

  • 【撮影地】: 長野県木曽郡王滝村
  • 【お問合わせ先】:0264-48-2257 (王滝観光総合事務所)
  • 【撮影日】:2018年1月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
  • 【カメラの設定】:1/200秒 F9.0 ISO 200

2019年の御岳自然湖の風景

御岳自然の風景写真

上の写真は、2019年の9月初旬に撮影した自然湖の風景です。平地でも35度位の猛暑日でしたが、自然湖は寒いくらいの気温でした。

 

The picture above is a natural lake landscape taken in early September 2019. Although it was a hot day of about 35 degrees even on flat ground, the temperature of the natural lake was cold.
 
 
 

御岳自然湖の緑の風景

緑が美しい、自然いっぱいの風景に癒されました。

I was healed by the scenery full of nature with beautiful green.
 
 
  • 【撮影日】:2019年9月
  • 【使用カメラ】:SONY a5100 (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2019 All Rights Reserved.