カメラ初心者の撮影記録

【カメラはじめての方・フィルター②】「PLフィルター」って?注意しないと外れなくなる!?

2020/08/19
 
PLフィルターの画像

前回「NDフィルター」について書かせて頂きましたが、今回は続きで「PLフィルター」についての内容です。

– 目次 –

「PLフィルター」ってどんなフィルター?

「PLフィルター (C-PLフィルター・サーキュラーPLフィルター)は、カメラに映る風景が光などで反射する状況でも、反射を取り除き「被写体本来の色彩」を鮮やかに撮影するフィルターです。

 

「PLフィルター」は、2枚のガラスの間に偏光膜を挟んだ構造になっています。フィルターを回転させることで、偏光膜を回転させ 水面反射などによって発生する偏光をカットすることができます。

(PLフィルターは、レンズに付けるだけでは効果が発揮されず、効果の出る角度に回転させることで、効果を発揮します。)

 

主に、水面やガラスなど 被写体の表面の反射を抑えたい時に使われます。金属や鏡の反射除去には効果は発揮されません。

【 ご注意 】PLフィルターは2種類ある!?

PLフィルターには、「PLフィルター」と「C-PLフィルター(サーキュラーPLフィルター)」の2種類があります。

 

一般的なデジタルカメラで使われるのは「C-PLフィルター」で、どちらもPLフィルターと呼ばれています。現在販売されている製品のほとんどがC-PLフィルターです。

 

C-PLフィルターではない「PLフィルター」は、デジタルカメラで使用すると AFや露出に狂いが生じる恐れがあるため、ハーフミラーを採用していないフィルムカメラ用になります。

 

購入時には念のため「C-PLフィルター」か確認をオススメします。

スポンサーリンク

「PLフィルター」を使って撮影した写真のご紹介

兵庫県の日和海岸の竜宮城

上の写真は「PLフィルター」「NDフィルター(ND1000)」を使って撮影しました。
海や波の部分がツルッとしているのは、シャッター速度を長くして(スローシャッターで)撮影しているためです。

 

「PLフィルター」を使っていない写真と比べると・・・

日和海岸の竜宮城

最初の写真は編集もありますが、実際は曇っていたので、色鮮やかではない風景で写っています。

シャッター速度も短かいので、海がザラザラした様子で写っています。

 

(※ 掲載している写真は「PLフィルター」+「NDフィルター」を使用していますが、「PLフィルター」だけでも使用可能です。)

 

レンズに丸形の「フィルター」を重ねづけする時の順番は?

「PLフィルター」や「NDフィルター」には、丸形や角型のものがありますが、丸形同士のフィルターを重ねづけする時に効果的な順番があります。

 

「PLフィルター」+「NDフィルター」の場合

  • 「レンズ」→「NDフィルター」→「PLフィルター」→「被写体」の順になります。

 

「PLフィルター」を先に(レンズとNDフィルターの間)つけてしまうと「PLフィルター」を回転させているうちに「NDフィルター」「PLフィルター」の前枠に食い込んでしまい、取り外すのが困難になる可能性があります。

 

 

濃さの違うNDフィルターを重ねづけする時は・・・

「ND2」+「ND 8」の場合

  •  「レンズ」→「ND2」→「ND8」→「被写体」の順で、色が濃い(暗い)NDフィルターを被写体側にセットします。

 

フィルターを重ねて使用すると ガラスの面が増えます。フィルター1枚ならガラスの面は、表裏の2面ですが、フィルター2枚を重ねて使用する場合は、2面(表裏)×2枚=4面になりますよね。

 

ガラスの面が増える = 反射面が増えるので ゴースト フレア (余分な光が映り込む現象) が発生する可能性が高まってしまいます。

 

色が薄いNDフィルターよりも、濃いNDフィルターの方が 反射を抑える効果も強いので、外側(被写体側)に濃いNDフィルターをセットすると 内側のフィルターに当たる光も弱くなります。

 

結果、2枚のフィルター間で起こる内面反射を最低限に抑えることができ、フレアゴーストの発生を低減することができます。

 

フィルターは、サイズが合えば 違うメーカーでも重ね付け可能です

PLフィルターとNDフィルターの写真

上の画像は、kenko(ケンコーのNDフィルター)と、MARUMI (マルミのPLフィルター)で、メーカーは違いますが重ねて使えます!

 

PLフィルターの寿命は、どのくらい?

PLフィルターのは、紫外線と熱に弱いので、使用頻度にもよりますが、寿命は長くても7~8年のようです。

寿命が来ると、フィルターが黄色っぽく変色してきたり、効果が十分に発揮されにくくなってきたりします。

 

まとめ

今回は「PLフィルター」と少し「NDフィルター」のことも書かせて頂きました。

重ねづけの順番で、PLフィルターが外れなくなると言うことを書かせて頂きましたが、私自身、重ねづけではありませんが、本当にPLフィルターがレンズから外せなくなった事があります!

 

しかたないので、そのままにしていたら、レンズを落として修理に出したので、一緒にPLフィルターも外してもらえました。

 

なので、PLフィルターを付ける時は、正直怖いです!

 

今回は、レンズに直接付ける丸型の「PLフィルター」でご紹介させて頂きましたが、レンズの外にホルダーをはめてセットするタイプもあります。丸形より、値段が高いので予算がある方は、ホルダーにセットするタイプの方が良いかも知れません。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.