カメラ初心者の撮影記録

【愛知県・豊川稲荷】圧巻のパワースポット! 狐塚(きつねづか)ってどんな場所? (アクセス・住所)

2020/08/19
 
豊川稲荷の霊狐塚の光景

今回は、豊川稲荷の 通称 きつね塚の圧巻の風景をご紹介致します。

– 目次 –

 

豊川稲荷って?

<Toyokawa Inari>

豊川稲荷(とよかわいなり)は、日本三大稲荷のひとつで曹洞宗の寺院です。正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)です。

 

室町時代に創建されて以来、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公などの武将や、文人たちからの信仰を集めてきました。商売繁盛や家内安全、福徳開運の神様として年間およそ五百万人もの参拝客が訪れます。

 

圧巻の霊狐塚
通称 きつね塚では、献納された大小1000体以上の狐の石像がずらりと並んでいて圧巻の光景です。

 

 

Toyokawa Inari is one of the three major Inari in Japan and is a temple of the Soto sect. The official temple name is Myogonji.

Since it was founded in the Muromachi period, it has gathered faith from military commanders such as Nobunaga Oda, Hideyoshi Toyotomi, and Ieyasu Tokugawa, and literary people. As a god of prosperous business, family security, and good fortune, approximately 5 million visitors come every year.

The magnificent Rei Mitsuka
In the so-called Kitsunezuka, it’s a sight to see, with a line of stone statues of more than 1,000 dedicated foxes of all sizes.

 
 

 

豊川稲荷の風景

豊川稲荷の境内の風景をご紹介致します。

(※ SNSなどの投稿で境内の写真をよく見かけますが、お寺さんなので念のため 豊川稲荷さんに撮影の確認・ご了承いただきました。)

豊川稲荷の入口

豊川稲荷の正面の入口です。

 

豊川稲荷の鳥居

境内は、とても綺麗で広々としていました。狛犬(こまいぬ)ではなく、キツネさんが居ます。

 

豊川稲荷の広い境内

目の前にある建物が、本堂です。お盆の時期なので、かなり空いていました。

 

豊川稲荷の絵馬

本堂横に掛けられている絵馬も、キツネさんの絵や形でした! お稲荷さんらしいですよね。

 

豊川稲荷の参道の千本ノボリ

豊川稲荷は、鳥居ではなく 千本のぼり という沢山の幟(のぼり)が参道脇に続きます。

 

豊川稲荷の狐塚の案内板

通称 きつね塚に続く道です。お正月は、ここまで参拝客で列になるようです。

 

豊川稲荷の千本のぼり

きつね塚までの参道も、ずっと幟が続きます。

 

豊川稲荷の狐塚の入口

きつね塚の入口に到着しました。色々なキツネさんが、居らっしゃいます。

 

豊川稲荷のきつね塚

はい! はじめて見る光景に、かなり緊張しました。

 

豊川市豊川稲荷の境内

凄い数のキツネさんです。参拝客の方は、写真左の鳥居にお参りして行かれていました。

 

ここのキツネさんは、お願い事をして叶った方が奉納されているようです。

こんなに 沢山の方のお願いが叶ったって凄いですよね!

 

私は・・・緊張してしまってお願い事が思い浮かばなかったでの、撮影させて頂けた事のお礼だけ お参りしました。

 

愛知県豊川稲荷の風景

パワースポットと言われるのも納得の、圧巻の光景でした。

 

豊川稲荷のキツネ塚の撮影(一眼レフ)

 

 

おまけ

下の2枚の写真は、同じデータで、シャドウの暗さを変更しています。

暗い方は、神社の薄暗い雰囲気が強調されて、明るい方は、新緑が美しい爽やかな光景に仕上がっています。

豊川稲荷の編集1

豊川稲荷の霊狐塚の光景

色や明るさで、印象が変わるので写真って面白いですよね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、豊川稲荷の風景をご紹介させて頂きました。

今まで、豊川稲荷は何度か行った事がありましたが、その頃は きつね塚の存在を知らなかったので今回初めて入らせて頂きました。

 

歴史など 奥が深い所で、良く調べもせずに怖いなーとだけ思ってしまっていた自分に、ちょっと反省でした。

はじめて見る 圧巻の光景でした!

ここまで見てくださってありがとうございました。

 

 

 

豊川稲荷・詳細情報

  • 【住所】:〒442-8538 愛知県豊川市豊川町1番地
  • 【お問い合わせ】:0533-85-2030
  • 【撮影日】:2020年8月
  • 【使用カメラ】:SONY a7ⅲ (ミラーレス一眼レフ)
  • 【使用レンズ】:SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN
  • 【三脚】:有

 

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.