カメラ初心者の撮影記録

【奈良の若草山焼きと花火】薬師寺・大池から一眼レフで撮影!

2020/08/19
 
山焼きの花火と薬師寺の東塔と西棟

2020年1月に開催された奈良の冬の風物詩「若草山焼き」。今回は、薬師寺近くの「大池」から撮影した様子をご紹介致します!

 

“Wakakusayama Yaki”, a winter tradition in Nara, was held in January 2020. This time, I would like to introduce you a picture taken from “Oike” near Yakushiji
Temple!
 
 

– 目次 –

2020年(令和2年) 若草山焼き

若草山焼きって どんな行事?

若草山焼き」は、毎年1月の第4土曜日に行われる、奈良の代表的な行事です。冬の古都の夜空を赤く染め上げ、山全体が浮かび上がる様子は圧巻の風景です。

 

若草山焼きはいつから行われているの?

山焼き(野焼き)の始まりは、江戸時代頃と言われているようですが、はっきりとした時期は不明のようです。

 

明治時代からは、正式な行事として行われるようになりました。現在のように、夜に行われるようになったのは、明治時代の終わり頃からです。

 

若草山焼きは、なぜ行うの?

若草山焼きの目的は、先人の鎮魂や祭礼や、お寺同士(春日大社・興福寺・東大寺)の領地争い、または、環境を維持するために行っていたと言われています。次第に現在のような「山焼き」という公的な行事へと変化して行きました。

 

 

What kind of event is Wakakusayama Yaki?

“Wakakusayama Yaki” is a representative event in Nara that is held on the 4th Saturday of every January. The night sky of the ancient city of winter is dyed red, and the appearance of the whole mountain is a sight to see.

 

When did Wakakusayama ware start?

It seems that the beginning of Yamayaki (no Yaki) is around the Edo period, but the exact time is unknown.

 

Since the Meiji era, it has been held as an official event. As it is today, it started at night since the end of the Meiji era.

 

Why do you like Wakakusayama ware?

It is said that the purpose of the Wakakusayama ware was to requiem the ancestors of the ancestors, to celebrate the territory of the temples (Kasuga Taisha, Kofukuji, Todaiji) or to maintain the environment. Gradually, it changed into a public event called “Yamayaki” as it is today.

 
 
 
スポンサーリンク

 

若草山焼きは、どこから見るのがオススメ?

山焼きを見るポイントは沢山ありますが、臨場感があるのは「若草山麓」です。写真を撮りたい方には、奈良公園から4キロ離れた「平城宮跡」や、6キロ離れた「大池」が、特に人気があります。

(※ 事前の抽選に当たれば、当日 無料開放される「奈良県庁屋上」も入場可能です。)

 

【ご注意】若草山周辺では、16時ごろからマイカー規制が行われています。

 

若草山焼きの流れは?

 山焼きの無事が祈願された後、午後6時15分から(約15分間)花火が打ち上げられます。その後、消防団により6時30分山焼き点火が行われます。

 

What is the flow of Wakakusayama Yaki?

After praying for the safety of Yamayaki, fireworks will be launched from 6:15 pm (about 15 minutes). After that, the fire brigade will ignite the mountain grill at 6:30.

 

昔「若草山焼き」は、成人の日に行われていた?

以前、山焼きは、成人の日に開催されていましたが、近年は、センター試験と重ならないように、月末に開催されるようになりました。

奈良公園のシカの赤ちゃん

 

薬師寺付近の大池で撮影写真

今回撮影に訪れた「薬師寺」付近の「大池」。若草山焼き当日の風景をご紹介致します。

 

「大池」の撮影のポイントは?

大池」は、「薬師寺」の東塔と西塔の美しい姿と、山焼きが一緒に撮影できるため、カメラマンさんに人気があります。

 

“Oike” near “Yakushiji” that I visited for this shoot. We will introduce the scenery on the day of Mt.

 

 What is the point of shooting “Oike”?

“Oike” is popular with photographers because the beautiful views of the east and west towers of “Yakushiji” and the mountain grill can be taken together.

 

 

 

今年は、約10年ぶりに改修工事が完了したため、例年より人が多かったようです。

若草山焼き,薬師寺・大池の一眼レフ撮影風景

上の写真は、山焼き開催前の大池の様子です。

 

早朝6時に現地に到着しましたが、もう三脚を置く場所がないくらい 沢山の人でした。

 

山焼き開始直前には、更に人が増え、300人くらいの人がいました!

 

 

The picture above shows Oike before the event.

 

We arrived there at 6 am in the early morning, but there were so many people that we couldn’t place a tripod anymore.

 

Immediately before the start of mountain grilling, the number of people increased and there were about 300 people!

 

 

駐車場は?

薬師寺付近の駐車場は、すでにいっぱいになっていたので、大池から約1キロ離れた 九条駅付近のコインパーキングに駐車して歩いて行きました。

 

薬師寺の夜景撮影一眼レフ

日没頃、ライトアップされた薬師寺の東塔と西塔の様子です。建物だけでも幻想的で美しい風景でした。

 

At sunset, the east and west towers of Yakushiji Temple are illuminated. The building alone was a fantastic and beautiful scenery.
 

 

薬師寺と若草山焼きの絶景撮影

上の写真が、若草山焼きの光景です。若草山からは、6キロ離れているのでズームで撮影しました。

 

山焼きの光景と薬師寺の塔。昔の人も、この光景を見ていたのかと思うと何だか感動します。

 

煙に炎の色も反射して迫力ある圧巻の風景でした。

 

 

The picture above shows the Wakakusayama ware. Since it is 6 kilometers away from Mt. Wakakusa, I took a picture with a zoom.

 

The sight of mountain grilling and the tower of Yakushiji Temple. Even old people are impressed when they see this scene.

 

The color of the flame was reflected in the smoke, and it was a magnificent landscape.

 
 
 

若草山焼きの風景と花火撮影

上の写真は、同じ場所から撮影した「花火+山焼き」を合成した写真です。

 

(※ 花火の後に、山焼きが行われるので、観光用のポスターなどで見かける写真も合成写真になります。)

 

 

花火のポイントは?

若草山焼きの花火の目玉は「千輪菊」と言う、カラフルな小さい花火が沢山開く花火です。

 

花火大会では、よくメインで使われる花火の一つで、上の写真だと一番上に写っている大きな花火です。

 

1発しか上がらなかったので、何とか撮影できて嬉しかったです! 

大池から、若草山までは少し距離があるので、望遠レンズでの撮影がオススメです。

 

まとめ

今回、2020年に開催された「若草山焼き」をご紹介させて頂きました。

 

写真で見る「山焼き」も綺麗ですが、時々火柱が上がる光景は、とても迫力があり、感動しました。

 

他の場所からも、また撮影しに行ってみたい素敵な行事でした!

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

This time, I would like to introduce “Wakakusayama Yaki” held in 2020.

 

The “Yamayaki” seen in the photo is also beautiful, but the sight of the pillar of fire rising from time to time was very powerful and impressed.

 

It was a wonderful event that I would like to go to shoot again from other places!

Thank you for reading this far.

 
 

【奈良公園の鹿さん】

 

若草山焼きと大池での撮影 -詳細情報-

  • 【開催場所】:奈良公園内 若草山
  • 【開催日】:1月第4土曜日
  • 【開催時間】:花火開始 18:15~ / 山焼き18:30~
  • 【今回の撮影地】:〒630-8053 奈良県奈良市七条2丁目 (大池)
  • 【撮影日】:2020年1月25日

 

※ 掲載されている情報が最新の情報とは限りません。お出かけの際には、ご自身で事前に必ず最新情報をご確認ください。

 

Copyright© 絶景カメラ旅 , 2020 All Rights Reserved.